Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから引越ししたのよ

なんか新しい記事を書かないと消されそうだから書きました

移転しました。

お待たせしました。

復活しました。

違う場所にw

詳しくは下をクリック!
http://girlcomicformen2.blog90.fc2.com/

お知らせ

しばらくの間、都合によりこのブログの更新は超不定期になります。
いつ更新するかは自分でもよく分かりませんです。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします(何を?)。

貞子系ヒロインの今 (君に届け)

Blog137.jpg


「君に届け」
著者:椎名軽穂
集英社 マーガレットコミックス
1巻(以下続刊)


前作の「CRAZY FOR YOU」は正直、かなり面白かったのですが、
主人公がダメ男に走ってしまったので・・・
あまり好きではないラストでした。
そんな椎名軽穂の新作が「君に届け」です。
そのヒロインは和製ホラー系です。

和製ホラー・・・それは影のあるヒロイン。
「リング」という映画が流行った時、
少女漫画界に一大変革が起きたのです。
ヒロインの貞子化、大繁殖!
そういえば少女漫画における貞子キャラは意外と多いです。
「ヤマトナデシコ七変化」のスナコや「きせかえユカちゃん」の定岡先生。「笑えない理由」のカナコなど黒い長髪オカルト系美人のキャラが多々発生しました。
どの主人公も怖さ(迫力)を前面に押しだしてます。
それが貞子化ヒロインの特徴でもありました。

だが、今、2006年に
貞子キャラは一つの金字塔を打ち立てた・・・・
上の画像を見てください。
ホホを真っ赤に染めている貞子がいる。
そうです。これは「リング0 バースディ」の麗しき貞子だ!
可愛い貞子が遂に少女漫画界に出現したのであります。
Blog137_1.jpg


これは一大事件です。
この「君に届け」も部分部分でおどろおどろしい貞子化したヒロインがいます。
でも何だ!この爽やかな貞子は!
正直、貞子が可愛くて可愛くて仕方がない。

今、この漫画こそが実は少女漫画で一番注目されている作品でもあるのです。



「君に届け」の内容
陰気な見た目のせいでクラスメイトから怖がられたり謝られたりしちゃう爽子(さわこ)。
あだ名は当然『貞子』。
爽子に分けへだてなく接してくれる風早に憧れている。
風早の言葉をきっかけに変わっていけるみたい…。
夏休み前、爽子は肝試しでお化け役をやることに!?



個人的感想
恋愛色はかなり強いです。
でもかなり笑える上質なコメディ作品でもあります。
純愛路線なので下ネタ嫌いな貴方にも安心してお薦めできます。
読んでいる女性も結構多いので、話のネタにももってこいのこの作品。
そしてなんといっても読後感が爽やか。
こんなに爽やかな男がかつていただろうか?
風早君・・・・おまいかっこいいよ。
そんな彼に恋する爽子。なんていじらしい娘なんだ・・・
この恋の行方が非常に、非常に気になってしょうがないです。
もうすぐ2巻目も発売されるので・・・今のうちに読んでおくことをお薦めします。

最後に、
少女漫画の変遷期のど真ん中にあるこの素晴らしい作品をみすみす見逃すことはない。
さあ、今すぐ書店にレッツラゴーだ。

男に戻ってみた。

前にちょっと話題に触れた「ダイモンズ」の続きが読みたかったので
久方ぶりに少年チャンピオンを買ってみた。


Blog138_2.jpg

俺が毎週チャンピオンを買っていたころは、
上の変態バイオ萌えギャグ漫画「しゅーまっは」が目的だった。



あれからチャンピオンも何かしら進化を遂げたのだろうか・・・
早速読んでみた。





何だ今のチャンピオンは!?



全然、変ってないじゃないか!



相変わらず、バキ、ドカベン、浦安は続いていたし・・・
萌え燃えしかない
と言われた誌面だったが、やっぱそれしかない。
萌えの割合が50→70%に増えているような気がするが・・・


だが、一つ気になる漫画があった。

Blog138_1.jpg



「椿ナイトクラブ」という漫画だ。
これは、面白いかもしれない。
チャンピオン読者に戻るべきときが来た!
今後、購入し続けると思う。


とりあえず、掲載されているのは全部読んだ。
俺的にはジャンプ・サンデー・マガジンより相変わらず読み応えがある雑誌だった。

CR NANAを今から考える

CRベルサイユのばら
CRエースをねらえ!


少女漫画がパチンコになったケースは残念ながら、この2台しか無い。
これはパチンコに行く女性が増えてきたとはいえ、まだまだ男の方がパチンコに行く比率が高いのでまだまだ需要が少ないことを表している。
しかし、今から10年後を考えてみよう。

2006年現在、もう永遠の王者と呼ぶしかないCR海物語の次に人気のある機種がCR新世紀エヴァンゲリオンである。

この新世紀エヴァンゲリオンと言う作品は1996年のTVアニメ作品だ。つまり今から10年前の作品で当時の中学生から大学生あたりが夢中になった作品である。
この10年という歳月を得て、大人になった少年少女たちが懐かしさを楽しむパチンコ機種でもあるのだ。

そこで・・・2006年の今、最も世間的にブームの物は何か?
異論反論はあるかもしれませんが「NANA」でしょう。
実際「NANA」の大躍進はすごい。
今、NANAを読んでいる若者が10年後、パチンコをやる人も多いでしょう。
だから、10年以内に「CR NANA」という機種が出てきてもおかしくないのである。
そこでちょっと「CR NANA」を私なりに推測してみた。
Blog136(1).jpg

多分こんな感じだろう。
続いて絵柄であるが・・・
Blog136.jpg

ハチが主人公であるにもかかわらず、通常絵柄になってしまった。
が仕方ない。名前が悪かった。


そして、パチンコと言えばリーチアクション
予告はこうだろう。
Blog136(2).jpg


多分、こんな感じだろう。
近い未来に期待したい。

100作品記念(CLIMB THE MOUNTAIN)

Blog135.jpg

Blog135(1).jpg

「CLIMB THE MOUNTAIN」
著者:川原由美子
朝日ソノラマ文庫
全1巻(元は小学館フラワーコミックス)



祝!当ブログ100作品の紹介達成!

馬鹿らしい記事を書き続けて100作品目。
我ながら『よくもまあこんなに暇な時間が有ったもんだ』と感心。
ここにいらっしゃる皆様のおかげです。
毒にも薬にもならない当ブログに興味を持たれる奇特な方ですね
今後とも宜しくお願いします。ありがとうございました。

そもそも・・・
少女漫画に対する‘性別’という名前の壁をぶっ壊す
と言うのが目的で作成された当ブログ。
(・・・そんなこと初めて知ったと思った貴方。俺も今気づいた)
ブログを始めてから、いろいろ紹介しましたが・・・

『このサイトで薦められていたので、買いました。面白かったです』
という感想が一度もありません
まだまだ・・男にとって少女漫画を買いあさると言うのは世間的にも高いハードルなのでしょうか?
ですが私は諦めません。
少女漫画ファンの男を増やして、いつか・・・いつの日か・・・
日本酒を飲みながら、心ゆくまで男同士で少女漫画について語り合う
という夢を叶えるまでは!




記念すべき100作品目はいつもより無駄な文章を200%ぐらい増量してお届けします。


今回は100作品目という事で、私が愛して止まない紺野キタ先生の「DARK SEED
Blog135(3).jpg

を紹介する予定だったのですが・・・まだ単行本が発売してませんので、しょうがないから別の作品を紹介します。
でも、面白さは保証します

なぜなら、その繊細でロリータチックな画風により
Blog135(4).jpg

純・少女漫画なのに男に人気の高い川原由美子作品を紹介します。
では早速、作者のプロフィールなんぞを・・・

川原 由美子
1978年、「週刊少女コミック」掲載の『こっちむいてマリー!!』でデビュー。
1980年代はコミカルな作品を多数描いていたが、ファンタジー的な内容や緻密なイラストを描き込む方向へ方向転換し、1990年代以降は寡作となっている。少女の微妙な心理を描く「おとめちっく」的な作風はデビュー以来一貫している。
代表作に、『前略・ミルクハウス』、『観用少女(プランツ・ドール)』。
1986年、第31回小学館漫画賞受賞。(『前略・ミルクハウス』)



今回はコミカルな方の「CLIMB THE MOUNTAIN」を紹介します


内容
お父さんは毎日ポルノ女優を家に連れ込む、ポルノ映画の監督。
お母さんは15年前に家を出て行ったきり、音沙汰ナシ。
一番の仲良しは“パパちゃん”を愛する一つ年下の幼なじみ、未明(みはる)。
そして主役は、「カネをくうだけでカネにならんバカ息子」の斉藤由貴。
Blog135(2).jpg

吾輩は主婦である」の人は‘さいとうゆき’です。
この漫画の主人公は‘さいとうよしたか’です。
そんなよしたかは『ふつうのおとーさんがほしい』と願い続けて早○年。
複雑な家庭環境の中で個性豊かな面々に囲まれ、振り回され、
頭を抱えながらも成長を続ける由貴の姿を、川原由美子がコミカルタッチに描く。



キャラが素晴らしいほど恐ろしく個性的です。
まず親父が毎晩ポルノ女優を家に泊める女好きのポルノ監督。
ヒロインは2人いて、ロリータな幼なじみの親父好きの中学生。
上昇志向が異常に高い男好きの美人女子高生。
主役は高校生なのに性的に枯れてしまった男。
キャラ立ちまくりです。

それにしても少女漫画なのにポルノ監督って・・・
男なら一度はやってみたい仕事ランキング第1位の職業です。(2006年、俺調べ)
「CLIMB THE MOUNTAIN」も下ネタが結構あります。
ですが、絵柄の通りどきつさはあまりないです。
いや、むしろ萌える下ネタになっております。
流石に昔の作品(1988年)なので、直接的表現はないとおもうでしょ?
コンドームという単語に伏字をするくらいだからな!
でも・・・・
乳首、結構あります。
(それでオナネタになるかどうかは知らない、少なくとも俺は無理)
でも、あくまで純情路線の下ネタが多いので、実に爽やかです。




100回記念なのでいつもより欲望の趣くままにペンをとりました。
今後もよりエロ路線に走っていくと思いますので宜しくお願いします。

純愛の終わり(カンベンしてちょ)

Blog134.jpg

「カンベンしてちょ」
著者:木村千歌
講談社 KCデザート
全5巻


管理人の純愛モードは終わりました・・・
世の中の男性諸君、大変長らくお待たせいたしました。
本日よりエロモードに戻ります。

あずきちゃん」はおませな小学生のウブな恋を描いた物だった。
原作が秋本康というのがどうも好きになれなかったが・・・
純愛モードの管理人は同じ作画担当者だから、「カンベンしてちょ」も純愛路線だろうと決め込んでいた・・・
表紙を見れば純愛か否かわかりそうなものだが
きっと、私の頭がおかしくなっていたのだろう・・・
迷わず手に取った。
読んだ。
エロかった。

ここに今、当ブログにエロ路線が復活する兆しが現れた。



「カンベンしてちょ」のあらすじ
16歳の高校生『ちー』は、同じクラスのスガワラくんに片思い中。……だったハズなのに、ひょんなことから友達はおろかスガワラくんにまで気持ちがバレちゃった!!やっと恋が始まるかと思えたのに、憧れの彼(スガワラ)は思い描いていた人物像とはちょっと(だいぶ)違ってた……!?とっても一途なアンチプラトニック片思いストーリー。




でも、これは男が読んで面白いものなのだろうか?
多分、10人中9人はこう思うだろう。
「スガワラ、ぶっ殺(したいほど羨ましいっ)す」

このスガワラという男は1巻を読んだ限りではハッキリ言って鬼畜だ。

ちーがスガワラに対して恋心を持っているの知ってて、ちーに様々な事を強要する。
その例を挙げてみよう。
●校舎裏で、ちーの乳を揉む。
●ちーの部屋で乳を揉むだけのはずが、いつの間にかセックスをする。
●デートの場所に偶然見かけたラブホテルに行く、そしてセックス。
●風邪をひいてお見舞いに来た彼女にキス、そしてセックス。



これを鬼畜と言わずして他になんと呼ぼうか!
男のロマンを完全に具体化しやがって、羨ましいじゃねーかこの野郎!
そしてこんな事をされているのに、惚れた弱みか、ちーは実に男に尽くす女だ。
まさに都合のいい女とはこういうコトをいうのだろう。
現実にこんな奴はそうはいない(はずだ)。
まあ、ある意味メルヘンだと思って読めばいい。(絵柄もメルヘン風だし)

しかし「少女コミック」に負けず劣らず「デザート」もエロいな。

カラスに襲われる女達(海のような空の色)

Blog133.jpg

「海のような空の色」
著者:夢路行
秋田書店 きらら16コミックス
全1巻


初恋純情路線モードでお送(ry


内容
「歩いて帰る道」「海のような空の色」「片思いの毎日」「言葉にできない」の4つの短編からなる、女子高生:蓮見えりかの恋の物語。
蓮見えりかは女子高の1年生、中学の時の友人はほとんど他の高校に行って孤独がちな毎日を送っていた。ある帰り道、道に迷って墓地に入り込んだところでカラスに襲われて大ピンチ。
そんなところを大学生らしき男の人に恋をしてしまう。
だけど、墓地に行けばまた逢えると思うが道が分からない。
そんな彼女の恋心に興味津々なクラスメイトたちと彼を捜しに出るが・・・



表紙に惹かれて買いました。
このような絵柄に弱い男なんですよ・・・
おおた慶文が大好きなんです・・・

それはそうと・・
普段から、少し変った少女漫画ばっかり読んでいるから・・・
こういう恋する乙女心を描いた作品がやけに新鮮でたまらない!

そしてなんといっても
えりかは自分のことを名前で呼ぶような女の子である。
リアルでこういう女をあまり好かない男が世の中には多々いるのだが・・・


俺は大好きだ!

しゃべり方がむかつくとかいう人がいるけど、
過去にこのような女の子と付き合って
『ねえ、たーくん。●●美はねえ・・』
とか言われてた俺にとってはそんなもん日常茶飯事よ!
可愛ければそれで良し!

作品はなかなかの雰囲気物で、人物の絵が何か好きです。
それにしてもカラスに襲われるヒロインを見たのは2人目だ。

菱沼聖子が昔襲われていたな、しかも2回も
(お花見の回と白衣を着てるとカラスに襲われる回)

まあ、今回のえりかという少女もかなりのおっとり系なので、襲われるのも無理はない。
それよりもヒロインが襲われて、助けに現れた男性に恋をするというのは少女漫画の王道ではないか!
俺も年中、ヒーローになろうと襲われている女の子を捜しているのだが未だにそんな現場に出会ったことがない。
うらやましい話だ!
ストーリー的にはかなり御都合主義でリアリストな方は遠慮してしまうかもしれない。
でも考え直して欲しい。
漫画の世界なんだから御都合主義がのさばってもいいじゃないか!
大半の男は今まで、一度も王道展開な恋愛なんぞしたことないだろう。
女の子を助けたことがあるか?
パンを咥えた女の子にぶつかったことがあるか?
キスしたくても何故か出来なくてモジモジしたことはあるか?
初体験の時、スムーズにブラを外せたことがあるか?
俺はない!

また話がそれてしまった、
しかし、御都合主義も捨てたもんじゃないと実感した初夏の暑い日だった。


実は管理人が夢路行作品を読んだのはこれが初めてです。
あの山越えて」などの作品が有名らしいのですが、他のも読んでみようかなと思います。

男が描いても面白い少女漫画(あおいちゃんパニック!)

Blog131.jpg

「あおいちゃんパニック!」
著者:竹本泉
主婦と生活社 ミッシイコミックス
全3巻


しつこいようですが、初恋純情路線モードでお送りしております。
エロとかグロとかが見たい方はご期待に添えられません。
ご了承下さい



少女漫画は、元々は手塚治虫や松本零士など男性作家によって描かれていた。女性作家が描くようになったのはその後となる

男が少女漫画を描くケースは別に珍しくない。
魔夜峰央和田慎二柴田昌弘弓月光赤座ひではる
立原あゆみきたがわ翔三家本礼あだち充などたくさんいる。

詳しくはこちらが役立つ→男で少女漫画かいてる奴いる?

そんな、男性少女漫画家の中でも別格なのが竹本泉であろう。

竹本 泉
エドガー・ライス・バローズをはじめとしたSFファンで、作品中にSFネタが散見される。また、いくつかのSF作品は、設定がおなじである(宇宙人、コピーされた地球など。世界がおなじであるかは不明)。
また、無類の猫好きで知られ、猫をテーマとした漫画をしばしば描く。猫以外の動物(犬、イルカ、宇宙人、恐竜など)も、よく作品に登場する。2003年まで飼っていた飼い猫のエピソードを漫画化した作品(ある日のツヴァイ)などもある。
第21回なかよし・少女フレンド新人漫画賞佳作となった「夢みる7月猫」にてデビュー。同作品は、なかよし1981年8月号に掲載された。代表作は『あおいちゃんパニック!』、『あんみつ姫』、『さよりなパラレル』、『しましま曜日』など。
ほのぼのとした、変な話というのがデビューからずっと変わらぬ作風である。
ちなみに男性であり、自ら少女漫画家を名乗っている。(とわざわざ、ウィキペディアに書かれている)


だが、デビューから20年以上経った今でも

Blog131(2).jpg

こんな可愛い絵を描き続ける人が野郎だと思いたくない自分がいる。
ちなみに自画像は

Blog131(1).jpg


・・・・・頼む、熟女でいいから女で会ってくれと!

だが、彼女(男ですがあえて彼女と呼ばせていただく)の傑作「あおいちゃんパニック」が世の中に与えた影響は計り知れないものがある。

(例)
ここを見てください。

どうだ、アニメ化もされてないのに、この文章の量は尋常ではない。

とりあえず上記のリンクを読めば、大筋は理解できるので今回は内容は説明しない。(する必要がないほど書き込みがすごい)



男で少女漫画家になりたい諸君!
当ブログはそんな君を心から応援する。




デビューした時は是非、「リボンの騎士」をリメイクしてくれ!

ここ数年、手塚リバイバルブームで
Blog131(3).jpg

最近読んだ「ダイモンズ」がめちゃくちゃ面白かったので・・・

Appendix

プロフィール

暇だから ◆WPbZliYdGs

Author:暇だから ◆WPbZliYdGs
男。
趣味:少女漫画を読む。
2ch男向き少女漫画スレまとめ管理人。
最近のお気に入りは「CR中森明菜 歌姫伝説」
みんなのプロフィールSP

最近の記事

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。